DM印刷の仕組みと基本をまとめました

DMとはダイレクトメールのことですが、媒体はいろいろとあります。いろいろと言ってもメールか紙媒体が一般的で、どちらかというと紙媒体のイメージの方が強いでしょう。そして、これを印刷するには自社でやっても良いのですが、印刷の代行業者に頼むと楽です。どこからどこまで印刷の業者に頼むのかというのは業者によっても違いますし、自分でそれを踏まえて業者を選択するのが良いです。DMの企画から送付までをすべて依頼するタイプのものもありますし、そうではなくて企画自体は自社で行い、作成だけを行ってもらう場合もあります。DMはどのように作成するかも重要ですが、どこに送付するかも重要です。基本的には受け取り手にとって迷惑になる可能性も高いということは頭に入れておいた方が良いです。

DMを迷惑と思われないためには

DMは急に送られてくると邪魔だと感じる人も多く、特に個人だと企業に対する印象自体が悪くなる場合もあります。せっかく印刷して送付しているのに印象が悪くなるのは誰にもメリットがないです。そのため最大限プラスに働くようにDM送付していく必要があります。考え方としては、自社に対してすでにサービス購入していたり、興味を持ちそうな層にのみ絞って送ることです。規模の戦略を取りたいのであればネットでレバレッジを掛けていった方が良いので、DMはむしろ現在では集中戦略です。昔は不特定多数に送るイメージだったのですが、今はネットの役割になっています。そのことはみんなの頭の中にあることなので、わざわざ物理的に送るという行為はある意味特別なものになっています。集中戦略です。

アメリカの場合はどうなっているのか

日本では迷惑になるようなDMの送り方をしないことは暗黙の了解ですが、アメリカの州によっては明確に違法とされています。誰も得をしないことをしても仕方がないので辞めた方が良いです。とは言っても、結果的に単なる迷惑になってしまうこともあります。どこに送れば確実にプラスに働くのかということはわかりませんし、やってみなければわからない場合もあります。しかし、良くないからといって考えなしにやってしまうことです。とりあえずおくってみればいいやというのがマイナス効果を生み出すということなので、そこは十分に注意した方が良いです。世の中ではポジティブシンキングが流行っていますが、それはネガティブな人が多いからそう言っているだけです。バランスの問題を忘れない方が良いです。

Pマークも安心!創業37年福岡のアド印刷が提供するダイレクトメール印刷・印字・発送代行サービス。 DMパックならDM発送完了までお客様のダイレクトメール作成をバッチリサポートするので安心です! メールでのお問合せは24時間受付中です。 広告郵便が利用できる2,000部以上のDMを出される法人様に最適のDM印刷、発送代行サービスです。 DMパックなら月間500万通のDM発送実績あり。 シンプルパックでDM印刷