効果的なDM印刷に必要なノウハウ

DM印刷では、印刷の質の確保と同時に効率も求められるものです。したがって、高品質かつ効率性の両立が出来る業者に依頼をするのが一番というわけです。このとき、印刷業者にも都合がありますから、早めに依頼をするなどして早め早めに手を打つのが得策です。締め切り等ぎりぎりでの発注の場合は、印刷業者側が対応出来ない恐れがあります。結果として印刷業者の関係の悪化だけではなく、DMの印刷も支障が生じることでしょう。こうした事態を防ぐためには、早期に契約を交わし、期限までに双方が約束を守れるように段取りを進めなければいけません。発注者側としては、守るべきことはしっかりと守ること特にDMの図柄などは早めに確認をしておくことです。印刷や封入に関することでも同様のことが言えます。

初心者でも効果的にDMの準備を行うこと

個人でDMないしは企業などでDMの発送を考える場合、相手先にいつまでに届くのかといった期限を逆算することが必要です。次にその到着日に届くためにはいつ発送をしないといけないのか、さらに印刷や封入などをいつまでに終わらせるべきなのかを考えていきます。このシミュレーションにより、自らが今何をしなければならないのかを把握することが出来るわけです。このとき、費用についても考えるようになります。特に抑えたいコストとしては発送にかかる費用と、DM準備にかかる費用です。発送に関しては、DM印刷業者からダイレクトに発送が可能なときには、そのまま依頼をすると費用を抑えられる傾向にあります。ただし、業者によっては発送までは行わないケースもあり、事前の確認が必要です。

DMの印刷と発送に関する知っておいた方がよい知識

DM印刷及びその発送では、原則として一連の全ての作業を業者に任せる方が、コストカット出来る場合が多いです。印刷、発送を分けてしまうと、業者間での連携が難しくなってしまいがちです。したがって、DMに関する印刷及び発送について、豊富な経験を有する業者に委託をする方向で調整するのが望ましいところでしょう。なお、発送に関しては、定型物かそうでないかなどでも発送費用が異なります。一部ごとではそれほどの差にならない場合でも、大量の部数になるとその費用は大きくなり、決して無視出来ません。したがって、コスト面を重視する場合には、早めに見積もり合わせなどを行うなどして、自分たち依頼者側にとって不利益にならないように段取りを進めることが重要なポイントであると言えます。